So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「山梨の連続強盗、俺たちがやった」 供述通り湖底から貴金属(産経新聞)

 平成19年に山梨県で発生した被害総額約1億6千万円の連続強盗事件をめぐり、窃盗容疑などで警視庁に逮捕、起訴された複数の男らが事件への関与を認める供述をしていることが14日、警視庁捜査3課への取材で分かった。同課が男らの供述に基づき甲府市の千代田湖を捜索したところ、供述通り奪われたとみられる貴金属の一部が発見された。警視庁は強盗事件との関連について捜査している。

 同課によると、男らは東京都、千葉県などで空き巣などを繰り返していたとされる日本人4人と中国人2人のグループのメンバー。昨年10月以降、窃盗容疑などで警視庁に逮捕、起訴されている。

 男らは「仲間の中国人とやった。売りさばけなかった貴金属は湖に捨てた」などと、19年に山梨県で起きた3件の強盗事件への関与を供述。同年1月には甲府市の貴金属店に4人組の男が押し入り、現金や貴金属が奪われており、被害は3件で現金計約1400万円、地金などの貴金属が1億4500万円相当に上るという。

 警察当局は平成18年以降に同県内で発生した事件についても手口が似ていることから他にも数件に関与したとみており、被害総額は2億円を超えるという。男らは共犯の具体的な名前などについて供述しておらず、警視庁が慎重に捜査している。

【関連記事】
牛丼店に2人組刃物強盗、数十万円奪う 山梨・都留
強盗殺人容疑で指名手配の男を逮捕 山梨の女性新聞配達員殺害
山形の新聞配達員絞殺 強殺容疑で男を指名手配
「焼きそば強盗」捕まる 山梨
強盗殺人容疑で再逮捕 山梨・韮崎の死体遺棄事件
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
最後は燃え尽きる… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる(産経新聞)
機密費、平野氏から説明受ける=仙谷官房長官(時事通信)
フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
来年のセンター試験1月15、16日に実施(産経新聞)

生活保護金狙い恐喝未遂 容疑で山口組系組長ら逮捕 NPO理事も(産経新聞)

 借金を返済させるため知人男性に生活保護を受給させ、金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警捜査4課と平野署などは31日、恐喝未遂の疑いで、山口組系暴力団組長、小畑好司(45)=大阪市西区境川=と、NPO「歩の会」理事、杉山二三生(ふみお)(59)=都島区都島本通=ら3容疑者を逮捕した。府警によると、いずれも否認している。

 逮捕容疑は、共謀のうえ、平成21年9〜10月、小畑容疑者の知人で平野区の男性(64)宅に押しかけ、借金返済名目に「支給される生活保護の金で5万払え。なめとったらあかんぞ」と脅したとしている。

 府警によると、男性は20年12月に小畑容疑者から10万円を借りたが返済できず、21年1月、杉山容疑者の指示を受け、生活保護を申請した。受け取った生活保護費から2〜6月に17万円を返したが、小畑容疑者らは、さらに金を取ろうと脅したという。府警は生活保護の申請自体は不正ではなかったとみている。

【関連記事】
市役所「熱心な支援者…口を出せぬ」 生活保護費詐欺NPO摘発
またNPO…生活保護費詐取、元代表ら逮捕 暴力団に現金流れる
複数転居で敷金扶助、引っ越し費も捏造受給か 貧困ビズの自称NPO
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 
神戸市で生活保護費の過払い発覚 110世帯で計100万円

<民主党>政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
<民主代表選>「鳩山首相退陣は菅氏にも責任」自民・谷垣氏(毎日新聞)
住民「こういう日来るとは」=豊島産廃、調停成立から10年―香川(時事通信)
「今後も県外移設の努力必要」 普天間移設で首相(産経新聞)
菅首相が誕生=衆院で「第94代」に指名―8日組閣へ、閣僚・党役員人事焦点(時事通信)

<郵便不正>弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)

 「一日も早く無罪を」−−。障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判が26日、大阪地裁で開かれ、厚労省元係長の捜査段階での供述調書など、検察にとって重要な供述調書がほとんど証拠採用されなかった。村木被告もこの決定を高く評価し、弁護団も無罪への手応えを示した。一方、検察幹部からは「極めて厳しい判断」と敗北感をにじませる声が漏れた。

 村木被告の主任弁護人の弘中惇一郎弁護士ら3人は公判後、大阪市内で会見。検察側にとって重要な証拠の不採用決定を受け、「無罪判決に確信を持った」と自信を深めつつ、「正直ほっとしています」と本音も語った。

 最も関心を寄せていたのは、厚労省元係長、上村勉被告(40)の供述調書が証拠採用されるかどうかだった。15通すべてを却下した結果に、弘中弁護士は「無罪判決が出ることは動かしがたい状況だ」と言葉に力を込めた。

 横田信之裁判長は2時間半近くをかけ、8証人それぞれの調書について、証拠採否の判断とその理由を述べた。弘中弁護士は「理由は簡単に説明するだけと思っていた。極めて異例だ。しっかりした論理構築のうえで出した決定だと示したかったのだろう」と評価した。

 また横田裁判長が、描いたストーリーに合わせた調書を作成する大阪地検特捜部の捜査の進め方を批判した点についても、「誘導を理由に調書の採用を却下した。これまでまかり通ってきた検察、特捜のやり方をかなり具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価できる」と話した。

 村木被告は会見に姿を見せなかったが、「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝しております。一日も早く無罪が明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っております」とのコメントを出した。

 一方、ある検察幹部は「なかなか厳しい。(無罪)判決の行方が見えてしまった」と肩を落とした。玉井英章・大阪地検次席検事は「公判係属中であるので、コメントは差し控えたい」との談話を出した。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

イオン 「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)
<郵便不正>村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用(毎日新聞)
シュワブ沿岸部案、沖縄知事は「とてもだめ」(読売新聞)
ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)

路上強盗・ひったくり連続4件 大阪でバイク2人組(産経新聞)

 21日深夜、大阪府熊取町のJR熊取駅と同府泉佐野市の日根野駅周辺で、女性を狙った路上強盗やひったくり事件が4件相次ぎ、女性2人が軽傷を負った。いずれもミニバイクの若い2人組の男による犯行で、泉佐野署が同一犯の可能性もあるとみて強盗致傷容疑などで捜査している。

 21日午後11時5分ごろ、熊取町大久保中の熊取駅東側の路上を歩いて帰宅中の女性会社員(42)が、後ろからミニバイクに2人乗りして近づいてきた男らに左腕にかけていた紙袋を引っ張られた。女性は転倒して頭などに軽傷。男らは何もとらずに逃走した。

 日根野駅周辺でも午後11時20分ごろからの約5分間で、19〜22歳の女性3人が、2人乗りの男らに現金約千円などが入ったかばんを奪われ、うち22歳の女性が軽傷を負った。

 同署によると、2人組の男はいずれも白色のマスク姿で、灰色の上着にフードをかぶっていたという。

【関連記事】
「道路側にバッグ持っている人狙っていた」ひったくり少年2人逮捕
バイクで500万円入りバッグひったくり 東大阪
オートバイでひったくり、容疑の少年2人逮捕
パト追跡バイク転倒、後部座席の少女重傷 高2酒気帯び逮捕
寛平、米で2カ月がん治療「山あり谷あり」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

事業仕分け ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
刃物で脅し女性監禁 容疑の元交際相手逮捕(産経新聞)
政府目標、達成厳しい=次世代車普及で−自工会会長(時事通信)

小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)

 大阪府豊中市で20年以上活動を続ける「鉄道研究会WOO(ウー)」(松本昌士代表)が18日、市立青年の家いぶきで、鉄道模型の走行会を開く。新幹線や阪急電車などの鉄道模型などを展示、走行させるほか、模型に取り付けた超小型カメラの映像を見ながら運転を模擬体験できるイベントも実施する。

 WOOは府立箕面高校の鉄道研究同好会のメンバーが、卒業後も活動を続ける場を確保しようと、青年の家いぶきの登録団体として昭和60年に立ち上げた。会社員や高校教諭など、20代前半から40代の13人が活動している。

 走行会は61年から実施。1周約16メートルのジオラマで走らせるまでに規模を大きくしてきた。また、6台の模型の先頭車両に超小型カメラを設置。映像をモニターに映し、電車の運転を疑似体験できるコーナーが人気を集めている。

 午前11時〜午後3時、入場無料。車両模型の持ち込みは不可。問い合わせは青年の家いぶき((電)06・6866・3030)へ。

【関連記事】
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファン
駅前眺望?・ジオラマ…「宿鉄」呼び込め 
鉄ちゃん必見、限定模型セットも 京阪電鉄100周年展
鉄道むすめ人形「但馬みえ」を発売
阪急沿線のジオラマ…開業100周年、本社1階に
外国人地方参政権問題に一石

検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)
ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)
市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
仕分け第2弾会場、東京・日本橋の貸し会議室(読売新聞)
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査(医療介護CBニュース)

舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)

 自民党の舛添要一前厚労相(61)に対し、党内から「除名」などの厳しい処分を求める声が続出した。15日、党本部で全議員懇談会が開かれたが、執行部批判をやめず新党旗揚げを示唆している舛添氏に非難が集中。山本幸三衆院議員(61)は「結束を乱すがん細胞は早めに除去すべきだ」と除名を要求した。舛添氏はこの日、東国原英夫宮崎県知事(52)と注目の会談。地方分権改革で連携することで合意したが、新党構想には触れなかった。

 各社世論調査で“最も首相になってほしい人物”に挙げられる舛添氏が、自民党内で大バッシングに見舞われた。問題視されたのは、うだつの上がらぬ執行部への口撃と、新党結成をちらつかせる一連の発言だ。

 後藤田正純衆院議員(40)は、自身も「たちあがれ日本」へのくら替えがうわさされるが「もうそろそろオオカミ少年ではなく、オオカミ中年に見えてくる。(党を)出るなら明日にでも出るべき」と舛添氏をバッサリ。全議員懇談会で、平沢勝栄衆院議員(64)は、舛添氏や新党を旗揚げした与謝野馨元財務相(71)を念頭に「比例代表で当選した人の離党は認めず、除名すべき。時には非情なリーダーになってほしい」と谷垣禎一総裁(65)ら党執行部に迫った。山本有二元金融担当相(57)は「総裁が早く真意を聞き、一緒にできなければ離党勧告すべき」と求めた。

 谷垣総裁は、こうした党員の厳しい声に応じる形で「非情になるところは非情にならなければいけない」と回答。午後の記者会見では「臨機応援に、毅(き)然とした態度で臨む。必要があれば会います」と厳罰も辞さない構え。大島理森幹事長(63)は「本人が『新党』と言っているのなら、真意を確かめる必要がある」と話しており、近日中に舛添氏から事情聴取する方針だ。

 孤立化が進む舛添氏だが「党内で舛添批判が活発化すれば、圧倒的な国民の支持率を武器とする彼の思うツボ」との見方も。現執行部に対する国民の不信感がさらに高まる構図となるからだ。執行部一新となれば、総裁の座にグッと近づく。

 この日、舛添氏は珍しく議員会館議員室への報道陣の出入りをシャットアウト。出入りのときにも新党に関しての発言は控えたが、目は笑っていた。


 【関連記事】
「結束を乱すがん細胞」自民で舛添氏批判が噴出
「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」
「たちあがれ日本」結党、与謝野氏「反民主、非自民」
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党
舛添要一 厚労相 山本幸三 を調べる

<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否(毎日新聞)
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)
<伊賀市>20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)

<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)

 秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さま(3)が9日、東京都文京区のお茶の水女子大付属幼稚園(中村俊直園長)に入学した。

 悠仁さまは、秋篠宮ご夫妻とともに午前9時前、幼稚園に到着した。紺のブレザーに赤いネクタイ姿。右手には紺の手提げカバン。紀子さまと手をつなぎ、玄関前で出迎えた宮里暁美副園長に「おはようございます」とあいさつした。宮里副園長が「ご入園おめでとうございます」と話すと「ありがとうございます」と答え、午前10時前に遊戯室で開かれた式に出席した。

 同幼稚園によると、新入園児は3歳児41人、4歳児29人。式では「秋篠宮悠仁さん」と名前を呼ばれたという。

「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ(医療介護CBニュース)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
<掘り出しニュース>うずらの卵プリン、商品化 改良で臭み消す(毎日新聞)
川崎市で朝火事、父親と幼児2人が重体(読売新聞)

中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)

 日本政府は中国当局が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、「残念」(鳩山由紀夫首相)としながらも、中国側に新たな懸念などを表明することはなかった。

 首相は6日夕、記者団に対し、「司法制度が違う状況の中で(刑罰が)厳しすぎるという思いはあるが、このことで日中関係に亀裂が入らないように政府としても努力する」と述べた。

 岡田克也外相も同日夕の記者会見で、「どういう行為にどういう刑罰を科すかはその国の立法政策の問題だ」と述べ、中国とは司法制度が異なる以上、死刑執行そのものに抗議はできないとの考えを示した。

 一方で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「大変ショックだ。日本であれば死刑にならないし、国際的にみても量刑が重すぎる」と述べ、中国側の対応を批判した。

 中国側は週内に他の3人の日本人死刑囚についても刑執行を行うと通告している。

【関連記事】
中国外務省HPで質疑紹介せず 報道も抑制
赤野死刑囚、密輸図った覚醒剤 出所は北朝鮮?
中国に限らぬ薬物「厳罰」 東南アジア諸国でも
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
死刑問題のやりとり伝えず 菅副総理と温首相の会談で中国新華社
「中国内陸部の資源事情とは…?」

シー・シェパード元船長、傷害罪でも起訴へ(読売新聞)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
<自民党>参院選選対本部の人事決定 本部長代理に石破氏ら(毎日新聞)
鳩山首相、連合滋賀幹部らに参院選の協力要請(読売新聞)
<鳩山政権>「政治主導」出遅れ…関連法案審議入り年度越え(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。